Kokoroberlin.com について

(お知らせ)

2018年4月5日 ブログを更新しました! → ボンドか、ルパンか?

 

2018年1月22日より、ワルサー社のナイフの販売を開始いたしました。

現在、本数を限定してお試し価格にてご提供中です。ぜひこの機会にお求めください!

老舗銃器メーカーのナイフにかける本気度はこちらで!

→ Walther ワルサー社 折りたたみナイフ ~プロシリーズと通常シリーズ

 

 

 

*****

ここでは、ドイツ人のクラフト魂のこもった製品をご紹介しています。

 

ドイツでは、何か価値のあるものを買うとき、「100年持つか」が判断基準です。

実際、ドイツ製品は本当に壊れにくい。

私がコックとして勤めていた老舗ホテルの厨房では、真空パックを作る機械、パティシエが使う巨大なミキサーなど、機械のほとんどが「西ドイツ製」と書かれ今でも現役で使われています。若いコックがシェフに叱られ、機械に八つ当たりしたって、全然ビクともいたしません。

私の住むアパートのエレベーターは1962年から動いています。洗濯機は製造から22年経っても現役です。

第一次世界大戦を生き抜いた知人のおばあちゃんの口癖は、「私たちは、お金に余裕が無いから、絶対に良いものを買いなさい。(安い物を買っては、また買いなおすことになる。そうなると結果損をするから。)」

そんな頑丈で、長く使えるドイツ製品をご紹介したいと思います。

こちらも合わせてお読みください。

→メーカー二年保証について

→当社実施の検品内容について